派遣の闇

派遣社員として工場で働きだして2ヶ月ほど経つ。この間、ほんとに沢山の派遣社員が辞めていった。仕事ってそんなに簡単に辞めれるんだ?と、結構びっくりしたのは自分が古い人間だからなのか。それとも派遣特有の文化なのか。

と日頃から思っていたら、今日久しぶりに会った派遣社員の話。

やっぱり派遣特有の雰囲気みたいのがあるようで、どうにもそれと合わないと。

これはもしかしたら、派遣社員は向上心がなかったり、適当だったりするってことなのかな。この話を嫁さんにしたら、「かなりわかる!それ。うまく説明できないけど、前働いてた時に同じような事を感じてた。」って言ってた。やっぱり派遣社員特有の何とも言えない何かがあるようだ。

派遣社員って最初は立場が弱いとか、正社員に嫌がらせを受けるとか心配してたけど、実際に働きだしたらそんな事はなかった。でも、少しずつ見えてきた部分もあって、派遣社員って闇の部分があるなと、最近そう思う。工場の派遣ってなにか覇気がないっていうか、そういう雰囲気な人が一定するいるような気がする。

やっぱりできるだけ早く脱出した方がいいと、決意を新たにした今日であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です